当墓苑 は、都心に残された駅近で希少価値ある寺院墓所 長青山 梅窓院をご紹介するサイトでございます。

法事について

【法事】
故人の供養のために行われるもので、仏教用語で「追善供養(ツイゼンクヨウ)」といいます。
法要(お経を読んでもらうなどの供養の儀式部分)を含むその後の食事の席など全体の事を指します。

【忌日法要(キビホウヨウ)】
死後七日ごとに四十九日まで法要があります。それらを忌日法要(キビホウヨウ)といいます。
最近では忌日法要は簡略化されていることが多く、よく知られている法要は、初七日・四十九日・一周忌などです。
・初七日(ショナノカ)
死後最初に行われる法事のことです。命日を含めて7日目に行いますが、最近では葬儀当日に初七日を済ませてしまうことも多いようです。
仏教の世界では、故人が三途の河のほとりにたどり着く日といわれ、故人の生前の行いにより成仏できるかどうかの判決がくだされる日とされています。
故人が無事に成仏できるように法要を行う日でもあります。
・四十九日(シジュウクニチ)
仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。
七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目であり、
この日が「忌明け」とされています。
香典返しは「忌明け」の後に無事忌明けが済んだ事のお知らせや、お礼の挨拶も兼ねて送られることが一般的です。

四十九日後の法要は、「百か日」「一周忌」と続きますが、最近では百か日は簡略化されることが多いです。
一周忌は「年忌法要」の中で最も大切な法事です。一般的には一周忌が済むと喪明けとなります。
故人が亡くなられて一年後の月命日に親族や知人など多くの人に集まってももらい執り行われ、供養の儀式や会食が行われます。
法要名称時期法要内容
初七日
(しょなぬか/しょなのか)
7日目
(葬儀当日に行われることが多い)
遺族・親族・友人・知人などが参列し、僧侶による読経の後、一同で焼香・会食をする。
二七日忌
(ふたなぬか)
14日目遺族だけで供養。僧侶による読経・焼香は省略されることが多い。
三七日忌
(みなぬか)
21日目
四七日忌
(ししちにち/よなぬか)
28日目
五七日忌
(ごしちにち/いつなぬか)
三十五日
(さんじゅうごにち)
35日目
六七日忌
(ろくしちにち/むなぬか)
42日目
七七日忌
(しちしちにち/なななぬか)
四十九日
(しじゅうくにち)
49日目遺族・親族・友人・知人などが参列。僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食(お斎)をします。

※この日が忌明けとされます。
本位牌を仏壇に納め、白木の位牌を菩提寺に納めます。
※この日に納骨することが多いです。
百か日忌
(ひゃっかにち)
100日目遺族だけで供養。僧侶による読経・焼香は省略されることが多い。


【年忌法要】
一周忌三回忌
(満2年目)
七回忌
(満6年目)
十三回忌
(満12年目)
十七回忌
(満16年目)
二十三回忌
(満22年目)
二十七回忌
(満26年目)
三十三回忌
(満32年目)
五十回忌
(満49年目)
三十三回忌もしくは五十回忌で法事を修了し、それを「弔い上げ(トムライアゲ)」といいます。
一般的には十三回忌が満十二年目を迎えたという事で大々的に行われる事が多くなっています。一周忌と違い、三回忌からは、故人が亡くなられてからの満年数より一年ひいた年に行われます。
※三回忌は一周忌の翌年行われます。

初盆(ニイボン・アラボン)
一周忌とともに大切な法事とされるのが「初盆(ニイボン・アラボン)」です。
故人が亡くなられて初めて迎えることになるお盆のことです。
四十九日の前にお盆を迎えてしまう場合に限り、新盆の儀式は翌年に行われます。


法事の日取りを決める場合は、参列者が集まりやすい休日や僧侶の都合などで決めて問題はありませんが、亡くなった日よりも後に行うのはよくありません。
本来、法事は自宅で行い僧侶を招くものですが、住宅事情などで法事の儀式はお寺などで行い、法要が終わった後の食事は場所を移す事が多くなっています。
お寺や食事をする会場への依頼、参列者への案内状も早めに手配します。会食の場では故人の思い出を語り、冥福を祈ります。

〒107-0062 東京都港区南青山2丁目26-38 TEL 0120-876762 受付時間 9:00 - 17:00(終日対応)
お気軽にお問い合せください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 株式会社 日本エキスパートシステム All Rights Reserved.